筋力エクササイズと成長ホルモン

筋力エクササイズと成長ホルモン

筋力エクササイズ

筋力エクササイズをすることで筋肉量増やす以外に重要な事はあるのでしょうか?

 

筋肉量を増やす事も挙げられますし、良く浸透しておりますが、筋力エクササイズを行うと「成長ホルモン」が分泌する事が挙げられます。有酸素運動と筋力エクササイズは、対称的ですが、「成長ホルモンが分泌するか、分泌しないか」でも分けられます。

 

筋力エクササイズで分泌される成長ホルモンですが、別名「若返りホルモン」と言われていて、思春期に一番分泌量が多い事で知られています。また、20代を境に分泌量は減少して行くホルモンです。

 

特にダイエットでは強力な「脂肪燃焼ホルモン」として認知されていて、筋力エクササイズ後に分泌量が多くなり、6時間脂肪燃焼効果が続くと言われています。また、細胞分裂が盛んになるので、古い皮膚の角質の再生が盛んになり、潤いある弾力性のある肌になりやすくなります。「身体再生ホルモン」でもあり内臓の働きやストレス対抗性など多数です。

 

成長ホルモン分泌は、「アンチエイジング」でも一番重要な役割を担っています。

 

成長ホルモンが一番分泌するエクササイズは、「椅子に座った状態から立ちあがる運動であるスクワット」と言われています。それは、人間の身体は重力に対抗するため、骨は縦に付いているのがほとんどですが、立てから負荷をかけてあげると多く分泌します。

 

筋力エクササイズを行う事で成長ホルモンが分泌することで筋肉量が増えると言われています。有酸素運動で筋肉量が増えないのは、成長ホルモンが分泌しない事も挙げられます。

 

特に成長ホルモンの脂肪燃焼は「ビューティーに引き締める」という意味合いも強いのでダイエットでは重要ですね。ただ脂肪燃焼するより引き締まりながら、ダイエットして行くのが重要ですね。

page top