冷え性とむくみがあると痩せにくい?

冷え性とむくみがあると痩せにくい?

ウエストが痩せないで困っている人は、「冷え性」や「むくみ」を解消してみてはどうでしょう?なぜウエストダイエットと冷え性・むくみが関係しているのか簡単に説明して行きたいと思います。

 

冷え性は手足の先に多くみられますが、太もも、お尻、下腹部など体の中心に近いところも冷たく感じる人も多いと思います。冷え性が起こりやすい理由は、血液が心臓に戻りにくくなり、足先などで血液が溜まってしまっている状態の為起こってきます。

 

酸素や栄養を使い果たした血液は冷たくなっていきます。その為足先で冷えを感じる事も多いでしょう。血液を心臓に戻すのは筋肉の伸び縮みでギュ〜ッと押し上げて行きます。特にふくらはぎは、筋肉にこわばりやむくみによって筋肉の活動性が乏しかったりするため、血液の戻りが良くない場合も多いです。

 

冷たい血液が心臓に戻っていくことに繋がりやすいので、太もも、お尻と中央にかけて冷たくなりやすくなってきます。そうすると、体内温度が冷たくなるので筋肉の活動も悪くなり冷えを感じるところも増えてきます。冷たくなると筋肉の活動量が減ってくるので、同じ量動いても消費エネルギーは少なくなる傾向が出てきます。

 

例えば、ガムを水にぬらすと硬くなり伸び縮み出来ないのと同じで、冷えにより血液が冷たくなると筋肉も硬く伸び縮みしにくくなります。脂肪は筋肉で燃やすので、燃やしにくくなり痩せにくくなってきます。

 

冷たい血液がお腹周りを通過し、血管も多いお腹周りの代謝も低下しやすくなっています。またウエストにある「腹斜筋」は、体の中で2番目に血液を心臓に戻す作用(ポンプ作用)で重要とされています。※1番は心臓の形に似ていて役割も似ている「ふくらはぎ」(第2の心臓)と言われています。

 

ふくらはぎもウエストと同じように太くなりやすい場所です。よって腹斜筋の活動もウエストが痩せる為に重要な役割を担っていますし、ウエストの代謝や冷え、便秘にも大いに関わってきます。

page top