ウエストにくびれが出来ない人の呼吸の特徴

ウエストにくびれが出来ない人の呼吸の特徴

呼吸の特徴

ウエストにくびれが出来ない人の呼吸には特徴があります。呼吸を吐くときにお腹を絞り込むように吐くのが理想です。腹式呼吸とも言われていますが、お腹周りが使われていない事がくびれが出来ない人やお腹が前にも横にも飛び出やすい人の特徴です。

 

呼吸をする際は、胸(肋骨)を大きく広げて呼吸を吸い、吐くときはお腹の力で吐いていきます。しかしくびれが中々出来ない人の呼吸は、お腹を広げて、胸で吐く事が多いです。その為お腹は常に広がる力しか働かないわけです。

 

【呼吸を吸う時のポイント】

  • 胸を広げる様に吸う
  • 背中が広がる様に吸う

 

【呼吸で吐くときのポイント】

  • 吐くときはお腹の力で吐く

 

【くびれが出来ない人の呼吸の特徴】

  • 吸う時に胸が広がらずお腹が広がる(胃に空気が行きやすい)
  • 吐くときに胸を狭めて吐く
  • 胸の筋肉が硬く、吐くときに強制的に使われる
▲ウエストにくびれが出来ない人の呼吸の特徴 上へ戻る
ウエストにくびれが出来ない人の呼吸の特徴 page top