肩甲骨でウエスト痩せる?

肩甲骨でウエスト痩せる?

肩甲骨

肩甲骨を動かすとウエストは痩せるのでしょうか?

 

肩甲骨は背中側にあり、ウエストは前側で関係がなさそうですがウエストが細くなると言われています。下半身の土台や身体の土台と言われているのが骨盤ですが、骨盤には太ももやお尻・ウエストの筋肉が多く付着しているので、下半身の脂肪の乗り具合やたるみは骨盤の関係は切り離せないでしょう。

 

肩甲骨も骨盤と同じように筋肉が多く付いています。その為肩甲骨の動きが悪くなると肩凝りや頭痛と言った肩甲骨周辺や肩甲骨より上の部分に問題が出やすくなります。身体の中での重要度は、背骨が一番重要ですが、2番目に骨盤と肩甲骨が重要と言われています。骨盤の動きが悪くなると肩甲骨の動きも悪くなる傾向が多いからです。

 

肩甲骨の動きが悪くなるとウエストが太りやすいかと言うと、ウエストは太る際に前に前に出ようとします。横にもそうです。背中側は引っ込めようとする力になるので、ウエストが前に前に出ようとしているのを抑える力になります。なのでお腹が出てくるとどうしても背中側の筋力が低下しやすくなります。肩甲骨は背中周りのキモになります。また肩甲骨の動きが良い(適切に動く人)でウエストがポッチャリしている人は0です。

 

背中側を使う運動を行うと少なからずお腹の奥の筋肉が作動するため、お腹の奥の筋肉の動きが出やすくなります。お腹を引っ込める力は腹圧なので、背中側の運動を行うとウエストが細くなりやすくなりますが注意点は、お腹と背中の筋肉のバランスが悪いと腰痛になりやすい事です。

 

背中側とウエストは関係がなさそうに見えますが、女子バレーボール選手はちょっとムキムキですが、お腹は出てないで凹んでいると思います。背筋力を使うスポーツですが、お腹は凹んでいます。ウエストの前側ばかり運動を行うと姿勢が丸まってしまうので姿勢が悪くなりやすいので、バランス良く行いましょう。また背中の筋肉は肩甲骨に多く付いている筋肉も多いので背中周りの運動を行ってみるのはどうでしょう。

 

背中周りを動かすとウエスト奥に筋肉が働きやすく、お腹を凹む力が強まります。腰痛にならない様に注意しながらバランス良く行っていきましょう。

▲肩甲骨でウエスト痩せる? 上へ戻る
肩甲骨でウエスト痩せる? page top