腹筋エクササイズのポイント

腹筋エクササイズのポイント

腹筋エクササイズ

腹筋エクササイズで注意点があるのをご存知ですか?

 

腹筋エクササイズと申しますと、寝た状態で膝を曲げて起き上がる動作を「腹筋エクササイズ」と呼んでいますが、足を固定して起き上がる動作を行ってしまうと、腹筋ではなく股関節周りの筋肉を使用してしまう事が多いです。なので腹筋を行っていても股関節周りが強化されてしまうのです。それでは効率が悪いので、的確に腹筋を刺激する方法をご紹介いたします。

 

手を胸の前でクロスするように組み、肩甲骨が軽く浮くぐらいまで身体を起こすだけで良いんですね。呼吸を吐きながら行います。

 

また、吐きながら、お腹側から地面に身体を押しつけるようにお腹を引っ込めるように力を加えます。フッと吐く際に力を入れると内臓が押されるように力が入ると思いますが、そのように力を入れてから、ゆっくり肩甲骨が浮くように力を入れていきます。動作もゆっくり行うのがポイントです。

 

最初にフッと吐くように力を入れる理由はお腹の筋力をしっかり使う事なんですね。フッと吐くように力を入れておかないと、首に力が入りやすく、首が疲れたり、後頭部の付け根に疲労感が出たりしてきます。また背中周りが硬い人は背中の筋肉が上手く力が抜けないので、腰が痛くなる場合もあるんです。

 

なので、フッとまず力を加えてから、ゆっくり丸まる様にしていくのが重要です。ウエスト痩せに行ってみてはどうでしょう。

page top